理想の自動車保険へ|FPが教える、生命保険見直し講座

生命保険、医療保険、介護保険、損害保険からペット保険まで、FPが保険の見直しをお手伝いするサイトです!

理想の自動車保険へ

FPこじかの新・自動車保険2011


FP事務所で損害保険を鍛えられているFPこじか。

とくに、火災保険と自動車保険、傷害保険には強くなりました。
また、事故対応にもそれなりに経験し、何の補償がほんとに必要か分かってきました!

そんなこんなで。

節約心から保険はなるべく安〜くとやってきましたが、
家計を大幅に見直す2011年は、必要な補償にはコストをかけることにしました!

自動車保険は、賠償責任保険+物保険+人保険の組み合わせになっています。
それぞれ見ていきましょう!


賠償責任保険:対人・対物賠償


これは、他人(物も含みます)に対する賠償責任費用を補償する内容ですね。

 ・対人賠償 1名につき 無制限
 ・対物賠償 1名につき 無制限


これは、皆さん当然のように入っていると思いますが、FPこじかはこれに

 ・対物超過修理費用特約

を追加しました。
そんなに追加の保険料も高く無いですし、賠償責任を知ると必要かなって。

賠償責任は、「損害時価」っていう考え方で、
時間が立つほど車の価値は下がっていきますが、支払われる保険はその価値まで。

賠償責任の保険金(損害の時価)は10万円だけど、実際の修理費は20万円なんてことがあり、
決して、対物賠償に無制限入っている=相手車の修理費が全額出るわけではないんですね。

そんなとき、相手が納得しないともめちゃいます。
対物超過修理費用特約は、そんな時価と修理費の差額を払ってくれる特約です。
 (※過失相殺や上限50万円など細かい条件はあります)


人保険:人身傷害


人身傷害は、運転者や同乗者に対する補償です。

事故を起こすと、相手にもケガをさせてしまいますが、自分もケガをしちゃうかもしれません。
相手がいる事故だと、相手の対人賠償で保険がもらえる可能性がありますが、

 ・相手のいない自損事故
 ・対人賠償に入っていない無保険車との事故など、

だと、自分の治療費などは自腹で大変です。

そんなものから身を守ってくれるのが人身傷害保険。
後遺障害が残ってしまうケガで介護が必要な状況になると、収入が減ったり、周りの人にも迷惑かけそうなので、せめて金銭面だけはしっかりしておこうと。

・人身傷害 1億円 (搭乗中のみ)

昔は深く考えず、2000万円だったのですが、
保険料もそんなに上がらなかったので一気に上限をあげてみました!


物保険:車両保険


最後は車両保険ですが、「車両保険を検討」でも書いてるように、
FPこじかは車両保険不要派ですので、未加入です。

賠償責任や人身傷害のように、被害が青天井になる可能性があるのに対して
車両保険は、全損してもFPこじか保有の車なら上限200万円程度ですしね。


自動車保険まとめ


こんな感じで、現在の自動車保険の補償にはとっても満足しています♪

保険のかけすぎはダメですが、保険の削りすぎもNG。
満足すると、保険料が多少上がってもOKって思えるから不思議ですね。


ちなみに、保険料は「   算出中   」となりました!
 ※保険期間中に補償の変更等をしたので、来年の更新時に総額が分かります。


 ※個人賠償責任保険、弁護士費用補償は、別途加入しています。




▲ 理想の自動車保険へ ページ上部へ   


|FPが教える、生命保険見直し講座 HOME|

見直しレポ

生命保険

医療保険

貯蓄性保険

損害保険

その他情報