個人年金保険料控除

生命保険、医療保険、介護保険、自動車保険から火災保険まで、FPが保険の見直しをお手伝いするサイトです!

個人年金保険料控除

個人年金保険料控除


定額個人年金での大きなメリットは、「個人年金保険料控除」っていう税金対策ができること。
税金になじみのない人も多いのでちょっと解説しますね。


個人年金保険料控除を知らない人でも、生命保険料控除は使っている人は多いと思います。
個人年金保険料控除は、生命保険料控除と内容は全く同じで別枠で使えるんですね。

つまり、
 年間保険料100,000円以上で50,000円の所得控除 となります。
  (※住民税は35,000円の所得控除です)


最低保険料が月10,000円とする定額個人年金が多いですが、
それだと年間保険料は120,000円になって、20,000円は無駄になっちゃいます。

税金対策を最大限生かすには、年払い100,000円の定額個人年金が最良です。
そして、クレジットカード払いにして、ついでにポイントもゲットしましょう(笑)。


会社でも個人年金ってやっているような? って人は源泉徴収票を確認しましょう!
源泉徴収票の右中にある「個人年金保険料の金額欄」で分かります。




個人年金保険料の税金メリットは?


どれくらいの税金が戻ってくるか?
それはその人の収入や家族構成(具体的には課税所得)によって違います。
 ※日本の所得税が累進課税制度だからですね。

仮に所得税20%の場合
 所得控除 50,000円 × 20% = 10,000円の税金還付になります。

住民税は一律10%なので
 所得控除 35,000円 × 10% = 3,500円の税金還付になります。

この人の場合は、13,500円/年 の節税になったということです。
これが30年間続けば、405,000円。大きいですね!


定額個人年金の税金メリットが受けられない人は、
 ・税金を払っていない、年収103万円(課税所得38万円以下)の人
 ・住宅ローン控除だけで、所得税の全額還付になってしまう人
   (※こっちは住民税で若干のメリットはありますが・・・)

です。 定額個人年金の加入時にはよく考えましょう!




▲個人年金保険料控除 ページ上部へ   


|FPが教える、生命保険見直し講座 HOME|

見直しレポ

生命保険

医療保険

貯蓄性保険

損害保険

その他情報