個人年金保険のポイント

生命保険、医療保険、介護保険、自動車保険から火災保険まで、FPが保険の見直しをお手伝いするサイトです!

個人年金保険のポイント

年金保険とは?



保険というと、生命保険や医療保険以外に「個人年金保険」というものもあります。

個人年金保険とは何でしょうか?

保険というのは、経済的なリスクに備えるために活用するものなので、
生命保険や医療保険が死亡・ケガ・病気などでお金が減っていくリスクに備えることと同じように、

個人年金保険はこの長寿時代、老後の生活費で貯蓄を減らしていくリスクに備える

ものなんですね。


「保険」って名前がついていますが・・・、
老後の生活費(主に60歳以降)を若いうちから自分で積み立てて備える、貯蓄商品です。
FPこじかは保険とは考えず、貯蓄と思っています。




個人年金保険の仕組み


個人年金保険は、

 1.契約者が積み立てや一時金で年金保険商品に長期間払い込みます。
 2.保険会社はそのお金を使って資産運用を実施。
 3.支払い時期に保険会社が保険金受取人に保険金を支払います。

銀行の普通預金よりも増やしてくれるのが大半でうれしいですが、
固定金利商品であること
それと、個人年金保険は、途中で解約すると多くの場合、解約金額は積立金額より少ない場合があるので、長期間の積立になるので途中で困らないことに注意が必要ですね。


また、個人年金保険には「定額個人年金」と「変額個人年金」の2種類があります。

「定額個人年金」には、
個人年金税制適格特約という、税金のメリットを受けれる場合があるのも注目です。





▲個人年金保険のポイント ページ上部へ   


|FPが教える、生命保険見直し講座 HOME|

見直しレポ

生命保険

医療保険

貯蓄性保険

損害保険

その他情報